海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ワシントン大が昆虫やドローンから空中投下するタイプのセンサーを開発!

Tech

ワシントン大が昆虫やドローンから空中投下するタイプのセンサーを開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: Mark Stone/University of Washington

Credit: Mark Stone/University of Washington

研究対象の地域には人が行くには危険を伴う地域がある。そこでワシントン大学の研究者は、センサーを蛾などの昆虫やミニドローンに運んでもらう方法を思いついた。

目的地に着くと、センサーは空から放たれるわけだが、その際アリが高所から落下しても無傷な原理で安全に着地する。

センサーは将来的に、森林に配置や農地全体に配置することが可能になり、さまざまなデータの収集に寄与しそうだ。

空気抵抗を利用して安全に着地

身体の軽いアリは、空気抵抗により落下速度が遅くなる。同様にセンサーは軽量で空気抵抗を受けやすい設計になっている。

新しく開発されたセンサーの重量は98mgと超軽量。最も重いパーツはバッテリーになるが、これを隅に配置することで、落下すると回転してさらなる空気抵抗を生むしかけだ。

これにより、最大落下速度を時速18km程度にまで抑えて、センサーが安全に着地できるようにしている。なんとセンサーは、ビルの6階(約22m)から落下しても壊れないのだという。

Bluetooth経由で投下コマンドを送信

軽いセンサーは、電磁コイルと磁気ピンを使用して昆虫やドローンに取り付けられる。センサーを投下する際は、Bluetooth経由でコマンドを送信。電流を流して磁場を生成することで、クリップされたセンサーが空中でリリースされる(動画で確認できる)。

こうして地上に配置されると、センサーは約3年間にわたって温度や湿度などのデータを収集し続けるとのこと。

研究者は今後、バッテリーが切れた後に回復するしくみを開発、あるいは太陽光発電を利用できるようにして、センサーの実用化を進める計画だ。

参照元:Airdropping sensors from moths: Researchers use flying insects to drop sensors from air, land them safely on the ground/ News Wise
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報