海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech これが未来の暮らし!? スマートホームを体験できる最新IoTショールーム登場

Tech

これが未来の暮らし!? スマートホームを体験できる最新IoTショールーム登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社TATERU(以下、タテル)とその子会社である株式会社Robot Home(以下、ロボットホーム)は、スマートなくらしが体験できる最新のIoTショールームをタテル本社にオープンした。

このショールームにはロボットホーム開発の「Residence kit」を導入し、スマートロックや学習リモコンなどスマートホームを実現するさまざまなIoT機器を展示。来場者にスマートな未来のくらしを体験してもらい、IoT機器の便利さや魅力を感じてもらおうというものだ。

なお、ショールームの見学は予約制で、受付開始は10月14日から。

あの製品も実際に体験できる!

同ショールームは、よりリアルな生活を演出すべく家具、家電などは生活に馴染むアイテムを選定し、昨今のリモートワークの浸透を踏まえ、作業スペースなども確保した間取りとなっている。

無機質ながら味わい深い素材と開放的な空間に「Residence kit」を導入することで、快適なスマートホームを実現したという。

同ショールームで体験できるのは、入居者専用アプリから解錠できる「kit HOME ENTRANCE」のほか、カードキーとテンキーの2種類の解除方法があるスマートロック、スマートライト、窓の開閉を知らせるセンサー、リモコン機能をアプリに集約する学習リモコン、センサーカメラ、IoT機器と連携した各種家電の操作など。

現時点で認知度の高いものからそうでないものまで、未来のくらしを形づくる製品が目白押しといった印象だ。

「Residence kit」、拡大中!

このショールームにも導入されている、スマートなくらしを可能にする「Residence kit」とは何か? 一言でいうなら「誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供(利用)できるIoTサービス」となるだろう。

ロボットホームは、タテルのIT部門とともに実証実験や開発を重ね、賃貸住宅向けIoTサービスの拡充を図ってきた。その結果が「Residence kit」だ。

同サービスを導入した賃貸物件では、入居者は専用アプリを活用し、生活の利便性と安全性を高めることが可能となる。また、不動産オーナーには、不動産経営を自動化させるSaaSモデルの賃貸管理サービス「Residence kit for Owner」を提供中だ。ちなみに、ウェブカメラと連動した管理会社サービスは国内初とのこと(2020年7月1日時点)。

そして管理会社用RPAツールとして「Residence kit for PM」も提供中。このように、入居者・オーナー・管理会社3者に対し「Residence kit」を提供することで利便性の高いハイグレードなセキュリティIoT賃貸住宅を実現している。

ロボットホームは2020年9月に、株式会社プロスペクトの子会社であるキーノート株式会社(2020年10月1日付で株式会社グローベルスに社名変更)と業務提携を締結。これにより、今後グローベルスが開発する集合住宅や戸建住宅に「Residence kit」が導入されることになるという。

近い将来、スマートホームの賃貸住宅が増えてきそうな気がする。

PR TIMES(ショールーム)
PR TIMES(Residence kit for Owner)
PR TIMES(キーノートとの業務提携)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報