海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech JALが客室乗務員訓練にVR導入 実証実験開始

Tech

JALが客室乗務員訓練にVR導入 実証実験開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JALは、機内の安全確認を行う客室乗務員訓練において、マルチプレイVRを活用した実証実験を10月13日~10月30日までの期間に実施することを発表。マルチプレイVRを使用した訓練は、日本の航空会社では初めての試みだという。

機内準備からチームプレーまで

実証実験では、マルチプレイVRを活用して、機内環境を忠実に再現した仮想空間のなかで、出発前の機内準備に必要な動作や手順、またチームプレーを学ぶ訓練を実施。

マルチプレイVRでは、同一の仮想空間上に複数の操作者がログインでき、お互いの作業を見たり共同で作業を行ったりできる。仮想空間では、機内設備だけでなく、乗客の再現も可能なため、実際のフライトに近い環境で実践的な訓練の実施できる点が大きな特徴だろう。

コミュニケーションの訓練にも

仮想空間上では、座席の背もたれやテーブルを元に戻していない乗客といった細かい点の再現も可能にしており、安全確保のための声がけやコミュニケーションの訓練も実際のフライトに近い環境のなか行うことができる。また、忠実に再現された仮想空間での訓練は、安全確認業務を繰り返し実施でき、理解の深化と知識の定着化に効果があるとみられている。

JALは、客室乗務員の訓練にさきがけ、VRを活用した整備訓練も昨年実施。整備士の訓練では、VRを補助的なツールとして訓練課程に追加し、コックピットの模型やシミュレーターを使って操作の学習を行えるというもの。整備士は実際の飛行機に近い環境で、体を動かしながら、時間や場所を問わずエンジン試運転作業を学ぶことができたという。

JALは今後も、最新のテクノロジーも活用していくことを目標として掲げており、今後もさまざまなテクノロジーを人材育成の取り組みに活用していくとみられる。

JAL
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報