海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 「認知行動療法VR」のジョリーグッド、東京都が支援するプログラムに選出

Start Up

「認知行動療法VR」のジョリーグッド、東京都が支援するプログラムに選出

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ジョリーグッド(以下、ジョリーグッド)は、東京都が支援する創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム「Blockbuster TOKYO」の「選抜プログラム(2020年度)」に選出された。同社は今後、うつ病の新しい治療法として「認知行動療法VR」の研究開発を進めていく。

「Blockbuster TOKYO」の内容とは?

創薬・医療系ベンチャー向けの「Blockbuster TOKYO」は、「研修プログラム」「選抜プログラム」の2つのプログラムによって構成される。

まず「研修プログラム」では、さまざまな分野の専門家を招き、セミナーや勉強会を月に1回程度実施。そしてジョリーグッドが今回選出された「選抜プログラム」では、具体的な事業計画を有するチームを対象として、メンターによる専門的な支援などを行う。2020年度の「選抜プログラム」に関しては、ジョリーグッドを含む計19チームの参加が決定している。

うつ病治療においてVR技術を活用

ジョリーグッドが行っているのは、ソフトウェアを使ったデジタル治療「デジタルセラピューティクス(DTx)」に関する研究だ。同社は、認知行動療法をベースにしたDTxとして「認知行動療法VR」を手がける。

「認知行動療法VR」では、その名の通りVR技術を活用。うつ病の治療法のひとつである認知行動療法を、よりスムーズで効果的なものにする。

ジョリーグッドは「認知行動療法VR」の研究開発を進め、最終的には保険適用の対象とすることを目指している。同社の今後の取り組みに期待したい。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報