海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 赤ちゃん向けウェアラブル体温計を開発したiWEECARE

Start Up

赤ちゃん向けウェアラブル体温計を開発したiWEECARE

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾のスタートアップ企業iWEECARE は、2センチほどのスマート機器を赤ちゃんに貼り付けて、体温を継続的に計測できるTemp Palを開発した。ワイヤレス接続によりクラウド環境でデータを確認し、健康に関する異常検知や予防に役立つ。

欧州やアジアで承認されたスマート機器

iWEECARE社が開発したTemp Palは、世界で最も小さなスマート体温計であり、欧州・台湾・シンガポール・タイで医療機器として販売する承認を受けている。

切手ほどの大きさをした、このウェアラブル体温計には、2~3日利用できる電池やBluetooth通信機能が搭載された。

赤ちゃんや患者、あるいは、妊娠を希望するカップルがユーザーとして想定され、常に計測される体温をパソコンやモバイルアプリから、グラフとして確認できるのが利点だ。その都度、体温計を使うのに比べ、熱があるときにアプリから通知が受けられるほうが、周囲の人間にとって負担が少ない。

クラウド上には体温の他に、ワクチン接種や医薬品の投与といった情報が記録できるため、健康に関する履歴をまとめておくのに役立つ。

資金調達を経て米国や中国への進出を目指す

2014年に台湾で創業された同社は、2020年10月に240万ドルの資金を新たに調達した。米国や中国の大きな市場へのマーケティング活動を促進する見込みとなっている。

コロナ禍もあり、病院や自宅での遠隔医療サービスのニーズが高まってきた。iWEECAREの体温計は、体温のモニタリングを通じて、健康にまつわる異常検知や予防に役立つことが期待されている。

iWEECARE
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報