海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Marshallの最新ヘッドフォン「Major Ⅳ」は驚異の80時間連続駆動、ケーブル使用にも対応

Tech

Marshallの最新ヘッドフォン「Major Ⅳ」は驚異の80時間連続駆動、ケーブル使用にも対応

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年イヤホンはワイヤレスタイプがすっかり主流になった。ケーブルが絡むことがなくなり使い勝手がいいが、難点は充電する必要があることだ。いざ使おうとしてバッテリー不足ということもある。

そこでMarshallが開発したのは、80時間の連続駆動を約束するオーバーイヤーヘッドフォン「Major Ⅳ」。しかもケーブルにも対応するので電源を確保できない場合にも使用できる。

15分で15時間再生

名称から推察できるように、シリーズ4代目となる。外観デザインは先代とさほど変わらないが、最大の違いは駆動時間。Ⅲがフル充電で30時間だったのに対し、Ⅳでは80時間と倍以上に伸びた。1日に15時間使用しても5日間以上チャージ不要という計算になる。

長時間駆動に頼ってうっかり充電し忘れる、というパターンもありそうだが、そんな場合も慌てる必要はない。わずか15分で15時間再生分のパワーがチャージできる。充電は有線・ワイヤレスどちらでも可能だ。

ソケット経由で音楽シェアも

また、いざとなったら3.5ミリのケーブルでスマホなどのデバイスとつないで使用できるのも心強い。しかも搭載する3.5ミリソケットは、音楽をシェアするのにも使える。自身はヘッドフォン本体から、友達はソケットにケーブルをさして、同じ音楽を一緒に楽しめる。

肝心の音質はというと、Marshallはギターやアンプのメーカーだけあってもちろんこだわりがある。40ミリのダイナミックドライバーを搭載し、「うなるような低音」が楽しめるとうたう。周波数応答は20Hz〜20kHzだ。

そのほか、快適に長時間使用できるよう、イヤークッションをより柔らかくし、耳にフィットしやすくした。使用しないときは形状を崩してコンパクトにたためる構造になっているのも便利そうだ。

Major Ⅳは10月14日発売で、現在プレオーダーをウェブサイトで受け付けている。価格は149.99ドル(約1万6000円)。

Marshall
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報