海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech パリコレ21年春夏にて、デジタル配信する「ANREALAGE」が「TIG」を採用!

Tech

パリコレ21年春夏にて、デジタル配信する「ANREALAGE」が「TIG」を採用!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの影響により「Paris Fashion Week 2021 S/S Collection」(以下、パリコレ21年春夏)はリアルとデジタルを融合したかたちで開催中。2020年9月28日~10月6日の期間、19ブランドのランウェイショー、20ブランドのプレゼンテーション、45ブランドのデジタル配信を予定している。

4年連続でパリコレに選出されている日本発のブランド「ANREALAGE」はデジタル配信での発表を選択。パリコレ21年春夏にて公開する「ANREALAGE Spring-Summer2021 COLLECTION」にパロニム株式会社の触れる動画テクノロジー「TIG」を採用し、ANREALAGEの公式ECサイトのトップページで公開中だ。

インタラクティブ動画テクノロジー

動画視聴中に気になるモノの情報をタップひとつでストックし、任意のタイミングで検索したり情報ページへスムーズにアクセスしたりできるのが「TIG」というサービス。

動画の中の人が着ている服が気になるときは、その服(インタラクションポイント)をタップするだけで情報ページやECサイトへアクセスできるのだ。

そんな「TIG」がパリコレ常連ブランド「ANREALAGE」が公開する動画に採用された。9月29日13時30分(パリ現地時間)に公開された動画「ANREALAGE Spring-Summer2021 COLLECTION」は現在ANREALAGEの公式ECサイトで公開中。

パリコレ動画ならではの工夫

通常の「TIG」を採用した動画では、吹き出しなどでインタラクションポイントを知らせるのだが、今回はブランドやコレクション映像の世界観を重視し、吹き出しなどの表示をなくしている(使い方を本編開始前に図示)。これによりユーザーは一流のファッションショーを違和感なく楽しめるという。

もちろん、「TIG」最大の特徴であるシームレスなアクセスによる直感的な購入体験も可能。映像内の気になるアイテムをタップし、商品購入ページへとリンクするアイコンのストック、任意のタイミングでのアクセス、「マルチリンク機能」を活用した幅広い情報へのアクセスなど、「ただ観る」ショーとは一線を画すショーを実現するだろう。

デジタル配信ならではの機能としては、見たいシーンへワンタップで進んだり戻ったりできる「チャプター機能」も便利そうだ。

より自然なユーザー意識を分析

このようにユーザーに新たな動画体験を提供する「TIG」は、配信側へのメリットもある。TIGではアイテムをタップしたポイントを0.1秒ごとに取得し、どんなアイテムがどんなタイミングや頻度でタップされているかというデータを解析できるという。また、ストックされたアイテムからの詳細な行動分析も可能なようだ。

今回は特に、吹き出しなどのタップを誘導しやすい表示がないため、ユーザーのより自然な反応が可視化できるのではないかと期待されているとのこと。

これまでTechable(テッカブル)では「TIG」に関して、同社代表の小林道生氏へのインタビュー記事をはじめ、テレビ朝日ニトリドコモとの連携、美容サロンの集客サービス「Salon de TIG」など多くの記事を公開してきた。

このたびのパリコレ動画への採用をきっかけに「TIG」の認知度はさらに広がっていくのではないだろうか。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報