海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ソニー、Suica対応の新型スマートウォッチ「wena 3」を発売へ

Tech

ソニー、Suica対応の新型スマートウォッチ「wena 3」を発売へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー株式会社は、新型スマートウォッチ「wena 3」を発表した。交通系ICカードのSuicaや音声サービスのAmazon Alexaへの対応に加え、各種活動ログ機能の搭載が主な特長。今年11月27日の発売が予定されている。

必要な機能を一通り備えたスマートウォッチ

「wena 3」はその名の通り、2016年に一般発売された「wena」シリーズの第3世代モデルとして登場。腕時計のバックル部分に、タッチディスプレイを含むスマートウォッチ機能を集約した。ユーザーは、腕時計のヘッド部分を「wena 3」に取り付けて、お気に入りの腕時計をスマートウォッチ化することができる。

楽天EdyやQUICPayなどの電子マネーに加えてSuicaにも対応するため、「wena 3」さえあれば財布を持ち歩く必要がなくなるかもしれない。なお、残高や利用履歴の確認は専用スマートフォンアプリで行えるとのこと。

Amazon Alexaに対応している点も魅力で、天気の確認や部屋の電源のオン・オフといった機能を利用可能とした。

さらに、健康管理に役立つ活動ログ機能も充実。歩数や消費カロリーはもちろんのこと、最大酸素摂取量(VO2 Max)やストレスレベルなどもチェックできる。

さまざまなニーズに対応可能な商品ラインアップ

商品ラインアップは「wena 3 metal」「wena 3 leather」「wena 3 rubber」の計3種類(カラーリングは計5種類)で、幅広いニーズに対応。価格はすべてオープン価格だが、高級感を追求した「wena 3 metal」は3万円台半ば、ややカジュアルな「wena 3 leather」は3万円前後、スポーティーな印象の「wena 3 rubber」は2万円台半ばの価格になりそうだ。

また、インダストリアルデザイナーの山中俊治氏とカーデザイナーのファブリツィオ・ジウジアーロ氏が手がけるヘッド部分も、商品として順次展開する。複数モデルのラインアップで、いずれのモデルも6万円前後の価格となる見込み。

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報