海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 空の旅が完全エミッションフリーに!エアバスが2035年までに水素燃料の航空機を開発へ

Tech

空の旅が完全エミッションフリーに!エアバスが2035年までに水素燃料の航空機を開発へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州の大手航空機メーカー、エアバスは水素を燃料とする航空機を2035年までに開発すると発表した。

現在のジェット燃料航空機とは異なり水素燃料の場合、二酸化炭素を排出せず、実現すれば空の旅が大幅に環境に優しいものになる。

中・短距離のモデル

同社は、ゼロエミッションという夢のような旅客機のコンセプトモデル3機種を明らかにした。いずれも水素を燃料としている。

まず1つは、乗客120〜200人乗りのターボファンデザインのタイプ。液体水素を後部に設置したタンクに貯蔵し、この水素を燃料に改良型ガスタービンを動かす。航続距離は約3700キロだ。

2つめは乗客最大100人乗りの、ターボファンではなくターボプロップエンジンを採用しているタイプ。こちらの航続距離は約1850キロとターボファンモデルの半分となっている。

主翼と胴体が合体したデザインも

3つめは、主翼と胴体が一体化しているという、デザインがかなり特徴的なタイプ。民間航空機として異色のデザインで、水素燃料のストレージやキャビンなどのレイアウトを比較的自由に変えることができるとのこと。

ただ、機能的にはターボファンモデルと近く、こちらも乗客最大200人乗りとなっている。

これらの開発の目的はもちろん、地球温暖化につながる二酸化炭素の排出を抑制することだ。かねてより飛行機に対しては環境に優しくない乗り物という批判があり、欧州などでは長距離移動手段として飛行機ではなく列車を選ぶ人も増えつつある。

車やバイク、トラック、列車、船とさまざまな乗り物が電動化されたり水素を活用したりする動きが広がる中で、今回のエアバスの取り組みは必然だったとも言える。

ただ実現するためには、エアバスが発表文の中で指摘しているように、水素の輸送や管理などで産業界や行政のサポートが必要となりそうだ。

Airbus

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報