海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 5Gで文化財の新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足

Tech

5Gで文化財の新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京国立博物館および文化財活用センターとKDDI株式会社は、第5世代移動通信システム「5G」やAR (拡張現実) などの先端技術を活用して文化財の魅力を引き出すことで、文化財の保護に加えて新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足。第1弾として「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」 を開催している。

新たな魅力を発見

同コンテンツは、1面あたり18億画素の高精細画像と5Gの高速大容量通信技術やAR技術を組み合わせることで、かつて奈良・法隆寺の東院伽藍 に位置する絵殿の内壁にはめこまれていた東京国立博物館所蔵の国宝『聖徳太子絵伝』の魅力の新たな鑑賞体験を提供するというもの。9月29日から10月25日の期間、東京国立博物館 法隆寺宝物館にて開催される。

法隆寺宝物館内に設置したKDDIの5G基地局を介し、画像が保管されているMECサーバーと、5Gスマートフォンを繋ぐことで、超高速・低遅延を実現し、ストレスなく自然に鑑賞を楽しめる点が大きな特徴だろう。

より細かい部分まで楽しめる

さらに、ARグラス「NrealLight」を「魔法のグラス」として、会場に設置されている原寸大の「絵伝」複製画パネルの前でかけると、聖徳太子の生涯をたどる代表的な15のエピソードについて、アニメーションや分かりやすい解説が鑑賞することもでき、直観的で新しい文化財鑑賞体験を可能にしている。

他にも、5Gスマートフォンを「魔法のルーペ」として複製画パネルにかざすと、スマートフォン画面に高精細画像がパネルとぴったり重なって表示されるという仕掛けも。肉眼では見ることが難しいディテールまで鑑賞でき解説とナレーションにより「絵伝」をさらに深く知ることもできる。

また、KDDIは、5Gで新しい動物園体験ができる新感覚動物園体験「one zooマルチアングル動画」をauスマートパスプレミアム会員向けに提供開始したことも発表。動物園のおすすめルートに沿って、動物たちの様々な表情や動きを観賞しながら園内を巡った気分になれる「バーチャル動物園ツアー」などを複数の視点から楽しむことができる。

KDDI
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報