海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech HICityに「VACAN Throne」が導入。トイレなどの空き情報を配信

Tech

HICityに「VACAN Throne」が導入。トイレなどの空き情報を配信

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社バカンは、羽田空港に近接するスマートシティとして開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」(以下、HICity)において、IoTによる空き情報可視化サービス「VACAN Throne(バカン・スローン)」を導入。HICityの利用者向けに、トイレや会議室などの空き情報配信を行う。

手軽に導入できる「VACAN Throne」

VACAN Throneでは小型センサーを用いて、トイレや会議室などの空き情報をリアルタイムに可視化する。小型センサーは両面テープでも設置可能となっており、大規模な工事は不要なことがセールスポイントだ。

今回は、HICity内のトイレ(計28エリア・74個室)および会議室(2室)にVACAN Throneを導入。利用者は、リアルタイムの空き情報をPCやスマートフォン経由で確認できる。また、HICityのインフォメーションセンター内に設置されたデジタルサイネージにおいても情報の表示を行う。

鹿島建設らの「3D K-Field」と併用

前述のデジタルサイネージにおいては、鹿島建設株式会社が複数社と共同開発したシステム「3D K-Field」も活用。同システムは、作業員・資機材の位置や稼働状況を3次元マップ上で可視化するもので、もともとは建築現場向けに開発された。今回はスマートシティにおける初めての活用例となり、3次元で仮想的に表現したHICity内に空き情報を表示する。これにより、どの場所が空いているかを直感的に把握できるようになった。

HICityでは、空き情報の可視化に対応した施設を増やしていくという。国内外から多くの来客が予想されるスマートシティとして、今後の開発にも期待がかかる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報