海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 机から自転車まで…身近にある物を“楽器”にして演奏できるツール

Mobile

机から自転車まで…身近にある物を“楽器”にして演奏できるツール

気がつくと手遊びで、あるいは音楽を聴きながら、物を指でトントンしてリズムを取って楽しむことはないだろうか。音楽やリズムに興味がある人なら、“あらゆる物を楽器に変えてしまう”「Mogees」というガジェットを試してみてはい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Mogees気がつくと手遊びで、あるいは音楽を聴きながら、物を指でトントンしてリズムを取って楽しむことはないだろうか。音楽やリズムに興味がある人なら、“あらゆる物を楽器に変えてしまう”「Mogees」というガジェットを試してみてはいかがだろう。身の回りにある物を何でも、楽器として演奏できるようになり、即興で音楽をつくることができるという。

「Mogees」は一見すると聴診器のような形状をしていて、スマートフォンのヘッドフォンジャックに接続し、さらにガジェットとヘッドフォンをつなぐことで、即興で作曲した音を聴くことができる。

ガジェットには“piezo-transducer”という特殊な小型センサーが内蔵されていて、物をたたいて生じる振動を電気信号に変換する。変換された信号はスマートフォンに送信され、アプリが信号を音に変えるという仕組みだ。

ユーザーは、“○○の物体をたたいたときに□□の音が鳴る”というように、音や音色のプリセットを設定しておくことができ、音階や調を変更するなど、さまざまな調整を施すことが可能。自由で即興的に音を鳴らして楽しむ“Free Mode”と、好きな曲のMIDIファイルをアップロードして曲を奏でる“Song Mode”が用意されている。

また、“ガラスの音”“氷の音”など、さまざまな身近にある音を、新しい音色としてキャプチャーすることもでき、例えば、「木をたたくとガラスの音がする」「自転車をたたくと氷の音がする」といったような、これまでにないまったく新しい音楽創作、演奏体験が実現するわけだ。

「Mogees」は、音楽家やパフォーマーが音楽演奏に使用するのはもちろん、一般の人が身近にある物で音を鳴らして遊べるほか、子どもが音楽に興味をもつきっかけとなったり、感性を磨いたりするような、音楽教育の実践ツールとしての可能性ももっているだろう。このアプリはiOS、Androidに両方に対応している。

Mogees
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報