海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ミュンヘン工科大が自動運転を安全にするソフトを開発! ミリ秒単位で状況予測

Tech

ミュンヘン工科大が自動運転を安全にするソフトを開発! ミリ秒単位で状況予測

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Julien TromeurによるPixabayからの画像

我々は歩行者や対向車、交差点のバイク……といった道路上の複数オブジェクトを同時に考慮して運転しているが、自動運転システムがリアルタイムでこれを行うのはむつかしいようだ。

一方、自動運転車が実用化に至るには、どうしても安全性が確立される必要がある。ミュンヘン工科大学(TUM)の研究チームが開発したソフトウェアは、ミリ秒ごとに交通状況の変化を予測することで事故を防ぐ。

運転中のイベントをリアルタイムで分析

研究チームは、運転中のイベントをリアルタイムで分析するソフトウェアを開発した。センサーから得られたデータは、ミリ秒ごとに記録および分析される。

ソフトウェアは3~6秒先までの状況を把握していて、道路上の車や歩行者などへの対応を同時に計算できる。これにはさまざまな対応オプションが含まれ、事故を回避するための加速やブレーキといった緊急対応もシミュレートしているようだ。

従来、この手の詳細な状況予測は、時間がかかりすぎることから実用的でないと考えられていた。実際、道路上のオブジェクトすべての特性を考慮にいれると、計算には非常に時間がかかる。そこで研究チームは、簡略化されたモデルを採用し、迅速な計算を可能にした。

現実に即したシミュレーション環境で検証

研究チームはシミュレーション環境にて、イベントのリアルタイム分析と同時シミュレーションの信頼性を検証している。

自動運転車のテスト走行中にデータを収集。これを活用して現実世界の交通シナリオを反映したシミュレーション環境を作成した。

シミュレーションでは、システムの予測精度の高さやパフォーマンス低下がないことが検証され、また、実際に事故が防止できて、緊急時に安全な操作が行われたとのこと。

新しいソフトウェアは標準的な自動運転プログラムに組み合わられるとのことで、自動運転車の実用化にとって追い風となりそうだ。

参照元:Security software for autonomous vehicles/ TUM
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報