海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 製造業のDXを体感!法人向けショールーム「SMALABO TOKYO」

Enterprise

製造業のDXを体感!法人向けショールーム「SMALABO TOKYO」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA」が、ショールーム「SMALABO TOKYO」(以下、スマラボ東京)をオープンした。

最先端ソリューションを展示

スマラボ東京の「スマラボ」は、「SMART FACTORY LABO」を略したもの。その名の通り、製造業のスマートファクトリー化やDXに関する最先端ソリューションの展示を行う。

今回のスマラボ東京オープンに先立ち、2018年5月には栃木県小山市で「スマラボ小山」がオープンしていた。スマラボ小山では、10種類以上のロボットシステムを展示。約2年間でおよそ1,200社(団体)の来場実績を誇る。

スマラボ東京では、次世代DXコンセプトライン「DX型ロボットジョブショップ」に加え、「AI食品ピッキングシステム」や「お弁当盛り付けロボットシステム」などを展示する。それぞれのソリューションの詳細は、公式Webサイトにてチェックできる。

入場およびツアー見学は、条件付きの事前登録制

スマラボ東京は東京都千代田区に位置しており、アクセスの良さも魅力的といえるだろう。入場およびツアー見学は事前登録制で、専用フォームから予約を行う必要がある。

ツアー見学を行えるのは、自社のスマートファクトリー化やDXを具体的に検討しており、そのプロジェクトにおける意思決定権を持つ経営者や部門責任者。また、実務担当者の同行も可能とのことだ。ツアー料金は、見学者1人につき1万円(税別)となっている(一部例外あり)。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報