海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech イームズロボティクス、農薬散布を行う新たな大型ドローンを開発

Tech

イームズロボティクス、農薬散布を行う新たな大型ドローンを開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イームズロボティクス株式会社は、農薬散布を行う大型ドローン「エアロスプレーヤー AS16」(以下、AS16)を開発した。なお、同機体の開発は、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターおよび株式会社日立システムズとの共同研究によるもの。

準天頂衛星「みちびき」の補正情報を受信

AS16の特徴として挙げられるのは、準天頂衛星「みちびき」からの補正情報を受信できることだ。従来のGNSS受信機器との比較でさらに高精度の位置情報を得るために、準天頂衛星によるL6信号の受信・解析処理を行うユニットを追加搭載している。

また、専用SIMを内装したことで、4G(LTE)通信にも対応。機体パラメーターなどの情報を遠隔地で確認できるだけでなく、将来的には遠隔地からの指示による飛行も可能になるようだ。

アームの折りたたみによってコンパクトに!

AS16は農薬を最大16リットル搭載することができ、散布飛行時間は最大20分。1回の飛行につき、2ヘクタールの面積への散布を行える。モーター軸間1,800mm、最大離陸重量48kgと大型ではあるものの、6本のプロペラアームと散布ノズルアームは折りたたみに対応しているため、軽トラックでも運搬可能だ。

また、ペイロード約20kgの性能を有しており、農薬散布以外にも物資輸送などにおける活用を想定。受注は今年の11月に始まる予定で、販売価格は要問い合わせとなっている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報