海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up トランスミッターで接続がWi-Fiフリーに! 遅延も解消したポータブルモニター「AirView2」

Start Up

トランスミッターで接続がWi-Fiフリーに! 遅延も解消したポータブルモニター「AirView2」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
在宅勤務などを背景にポータブルモニターの需要が高まっているが、購入を検討している人は要チェックの新製品が登場した。香港のスタートアップが開発した「AirView2」。

4K解像度のタッチスクリーンで薄型軽量、さまざまなデバイスと連携させることができるなど、ポータブルモニターに求められる要素を全て備えている。何より、ミリ波を活用していてWi-Fiを使わずに接続させられ、遅延も解消している。

高周波数利用で高速通信

名称から察せられるように、AirView2は第2世代。最大の改良点は5G技術にも使われているミリ波採用による無線接続だ。60GHzという高周波数を利用して高速通信を実現している。

付いてくる専用トランスミッターをPCやスマホなどのデバイスのUSB-CまたはHDMIポートに差し込むだけで、遅延なしでデータをAirView2に送信するようになる。

従来のモニターはケーブルでつなげたり、Wi-Fiに接続させてペアリングしたり、あるいは専用アプリをインストールしたりする必要があるが、そうした手間が省け、スムースな操作体験となる。

2サイズの計4モデル

また、モニターで気になるのがスクリーンの解像度だが、AirView2では4KとフルHDの2種が用意された。スクリーンサイズも13.3インチと15.6インチから選べる。

いずれのモデルもタッチ操作に対応し、デスクトップPCからスマホ、ゲームコンソールなどで使える。sRGBカバー率は100%で、視野角は178度。縦置き、横置きどちらでも利用できる。ステレオHi-Fiスピーカーも内蔵する。

バッテリー容量は1万200mAh。つなげたスマホなどにバッテリーを供給することが可能で、モバイルバッテリー的に使えるのも便利だ。

AirView2は現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開している。オリジナルモデルも半年前にKickstarterで成功を収め、AirView2もすでに目標額を達成している。

気になる出資額は、記事執筆時点でフルHDの13.3インチが3729香港ドル(約5万1000円)〜、15.6インチが3847香港ドル(約5万3000円)〜。4Kの方は13.3インチが4153香港ドル(約5万7000円)〜、15.6インチが4310香港ドル(約5万9000円)〜となっている。出資期限は10月29日だが、気になる人は早めにチェックした方が良さそうだ。製品発送は来年1月が予定されている。

AirView2/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報