海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 旅先で仕事をしている感覚に!?個人用テレワークルーム「OHACO+」

Tech

旅先で仕事をしている感覚に!?個人用テレワークルーム「OHACO+」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社津田工務店(以下、津田工務店)は、個人用テレワークルームの「OHACO(オハコ)」シリーズにおける新作として、「OHACO+」の販売をスタートした。窓型スマートディスプレイの「Atmoph Window 2」とコラボした商品で、世界各国の風景を楽しみながら仕事ができる。

個人用テレワークルームの「OHACO」とは?

OHACOは、津田工務店が開発した「移動可能なワークルーム」。開発にあたっては、多数の施工実績を持つ同社の強みを活用したということで、「十八番」とかけたネーミングもユニークだ。

OHACOの標準サイズは幅100cm×奥行180cm×高さ200cm。仕事に集中できる「ちょうどいいサイズ」にこだわって設計されている。

また、その他のセールスポイントとしては、キャスター移動への対応や優れた遮音性が挙げられる。

「OHACO+」は窓型スマートディスプレイとコラボ!

今回登場したOHACO+は、前述のOHACOに対する「やや閉塞感がある」「より開放的な気分で仕事をしたい」というユーザーの声に応える形で開発された。

OHACO+の内部には、アトモフ株式会社のAtmoph Window 2が設置されている。Atmoph Window 2は世界各国の風景を楽しめるスマートディスプレイで、まるで旅先で仕事をしているような感覚が味わえるという。

なお、アトモフ株式会社とそのプロダクトに関しては、Techableでも度々取り上げているため、興味を持った方はぜひチェックしていただきたい。

気になるOHACO+の本体価格は64万8,000円(税別)からとなっており、設備工事費や運賃が別に発生する。高額な買い物には違いないが、導入によって生産性が上がることを考えれば、投資する価値は十分にあるのかもしれない。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報