海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech NECとJALが協業! 新たな旅行体験創出へ向け、まずは3つの実証実験に臨む

Tech

NECとJALが協業! 新たな旅行体験創出へ向け、まずは3つの実証実験に臨む

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本電気株式会社(NEC)と日本航空株式会社(JAL)は、デジタル技術を活用しニューノーマル時代の安心・安全な旅行体験を実現すべく協業を開始。まずは、2019年1月よりNECと株式会社南紀白浜エアポートらが実施している「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画するかたちで3つの実証実験を行っていく。

なお、3つの実証実験はいずれも「IoTおもてなしサービス実証」に登録している利用客を対象としたものだ。登録方法などは後述する。

もう待ち時間でイライラしない!?

同実験の第1弾と第2弾は南紀白浜空港にて実施。

2020年9月4日から実施されている第1弾は、記念撮影を楽しめるサイネージの設置だ。搭乗待合室に設置されたディスプレイの前に立つと写真撮影できるというもの。また、笑顔の採点機能もあり、点数に応じて変化するオリジナルのフォトフレームでの撮影は旅の思い出の1ページとなるだろう。

「IoTおもてなしサービス実証」に登録済みであれば、顔認証システムにより、登録しているメールアドレスに写真データを送信することが可能(写真撮影だけなら登録不要)。

2020年10月末から実施予定の第2弾では、手荷物受取所に手荷物の待ち時間を可視化するサイネージを設置する。

サイネージに搭載したカメラで個人を認証し、「IoTおもてなしサービス実証」に登録しているJALマイレージバンク会員のステイタス情報をもとに、個人の手荷物の返却予定時刻をアニメーションでわかりやすく案内するという。このシステムがあれば、空港到着から手荷物を受け取るまでの時間を有効利用できそうだ。

羽田空港初の顔認証決済

第3弾は、顔認証による非接触・手ぶら決済の検証を予定。現在すでに南紀白浜エリアで実施しているサービスだが、羽田空港では初の試みとなる。

株式会社JALUXエアポート運営の空港店舗「BLUE SKY」の22番ゲートショップにて、「IoTおもてなしサービス実証」の決済情報をもとに顔認証での買い物が可能となるようだ。

この第3弾も第2弾同様、2020年10月末より実施予定とのこと。

「IoTおもてなしサービス実証」とは?

出発時も到着時も空港についてからの時間は意外と長い。今回のサービスが実装されれば、時間の有効活用やストレスフリーな旅行体験が実現できそうだ。

しかし、これには「IoTおもてなしサービス実証」への登録が必要とのことなので、少し調べてみた。

まず、「IoTおもてなしサービス実証」の登録URLから、「顔写真」「氏名」「メールアドレス」「クレジットカード情報」などを登録する。

前述の通り、この取り組みは2019年より南紀白浜エリアで展開されており、南紀白浜空港だけでなくアドベンチャーワールドやホテルシーモアなど多くの施設で顔認証によるサービスを受けられるようだ。

例えば、アドベンチャーワールドでは入場券を手ぶらで買えたり、ホテルシーモアでは顔認証での部屋の入退出や売店の会計ができたりと同エリアの旅行をスムーズなものにしてくれるという。

昨今の新型コロナウイルスの影響により、新たな行動様式が求められるなかで完全に非接触を実現し、かつストレスフリーな旅行体験を提供してくれそうなこれらのサービスに期待したい。

日本電気株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報