海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing UNICEFの活動をサポート!“スマホを放置するだけ”で子ども1日分の水を寄付

Marketing

UNICEFの活動をサポート!“スマホを放置するだけ”で子ども1日分の水を寄付

スマートフォンは非常に多機能で便利なツール。毎日、肌身離さずスマートフォンを携帯している人も多いだろう。ふと気づいたら、スマートフォンが中心の生活になっていたりはしないだろうか。毎日の生活の中で、少しの間だけ、スマートフ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TapProjectスマートフォンは非常に多機能で便利なツール。毎日、肌身離さずスマートフォンを携帯している人も多いだろう。ふと気づいたら、スマートフォンが中心の生活になっていたりはしないだろうか。毎日の生活の中で、少しの間だけ、スマートフォンの存在を忘れてみてはどうだろう。

以前、ユーザーが寝ている間だけ、スマートフォンの機能を貸し出し、がんの調査に協力するアプリ「Power Sleep」を紹介したが、スマートフォンをしばらく放置することで、チャリティに参加できる「Tap Project」というアプリが、UNICEFからローンチされている。

「Tap Project」のアプリは、Droga5というクリエイティブ会社が開発したもの。ユーザーは、スマートフォンのアプリを通じて、きれいな水が不足している地域のエリアにいる子どもに、1日分の水を寄付することができるという。

アプリのスタートボタンを押すとシステムが起動。スマートフォンの加速度計を用い、スマートフォンがタッチされず放置された状態にあるかをチェックする。

ユーザーは10分が経過するごとに、水のストックをゲットでき、Facebook上で現状を確認できる。すると、UNICEFのスポンサーであるGiorgio Armaniを通じて、1日分の子どもの水が寄付されるという仕組み。

このプロジェクトは、「世界水の日」にちなんで、3月1日~31日の間に開催され、参加した世界中の人々から協力を得て、スマートフォン総放置時間2億分規模の協力を集め、子どもにきれいな水を寄付する活動を実施したという。

現在はこの月間キャンペーンは終了しているものの、引き続きユーザーは「Tap Project」の寄付活動をサポートすることができる。ただスマートフォンを放置するだけ……といったような、気軽なチャリティであれば、一般ユーザーも参画しやすいもの。スマートフォンを使った世界レベルの活動は、今後もっと増えてくるかもしれない。

Tap Project
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報