海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification キャノンEOSシリーズから写真を直接Googleフォトへ送れるようになった

‎Notification

キャノンEOSシリーズから写真を直接Googleフォトへ送れるようになった

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleは8月26日、ソフトウェアでのキャノンとの連携を発表。キャノンEOSシリーズのほとんどの機種から、WiFi経由で、写真をGoogleフォトに直接アップロードできるようになった。

撮影した写真をその場で自動アップロード

この機能は、キャノンのモバイルアプリ「image.canon」によって作動する。アプリにカメラを登録し必要な設定を済ませると、カメラとスマートフォンがWiFi接続した時に、カメラ内部の写真(データ)がGoogleフォトに自動送信されるようになる。画質はオリジナルのままだ。

これまでGoogleフォトに写真を送るには、カメラを手動でパソコンに接続するなどしなければならなかったが、これからはその手間が不要になる。

この機能がサポートされているカメラの機種は、WiFi経由でimage.canonアプリに接続できるものほぼ全てと言っていい。EOSの大半の機種とPowerShot、IXYのいくつかの機種が含まれる。具体的な機種名はimage.canonのサイトで確認できる。

Google Oneのメンバーであること

注意しておきたいのは、「Google One」というメンバーシッププランに加入していないと、これを利用できないという点だ。Googleのアカウントを持っていれば15 GBまでのストレージを無料で利用できるが、有料のGoogle Oneメンバーになると、ストレージ容量がさらに増える。

Googleは「カメラで撮影した全ての画像を保管するための十分なスペースを確保するため」にはGoogle Oneが必要であると言っている。

Googleブログ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報