海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 博報堂「ミライの事業室」を含む4者、子ども向けの在宅運動ツールを開発

Tech

博報堂「ミライの事業室」を含む4者、子ども向けの在宅運動ツールを開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社博報堂(以下、博報堂)の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、子ども向け在宅運動ツール「POSE & PLAY」のプロジェクトサイトおよび体験用プロトタイプを公開した。同ツールは、慶應義塾大学SFC研究所・BASSDRUM株式会社・株式会社BUTTONとの共同開発によるもの。

ゲーム感覚で運動が楽しめるツール!

「POSE & PLAY」はウェブブラウザベースのツールとして、PCやタブレット、あるいはスマートフォンからアクセスできる。最初にブラウザカメラの設定を済ませると、画面上の自分の体に黄色いマーカーが表示される。その黄色いマーカーを動かして画面上の青いマーカーに合わせることにより、獲得ポイントを競う。自宅にいても、ゲーム感覚で運動を楽しむことができそうだ。

現在は「POSE & PLAY」のプロジェクトサイトが公開されており、同サイトにてプロトタイプを体験できる。博報堂を含む4者は今後、子どもたちによるプロトタイプの体験を通じ、コンセプトの受容性などを調査する。その上で、市場への導入に向けた本格的な研究開発を進めていくとのこと。

子どもの運動不足解消に貢献

新型コロナウイルスの影響を受け、子どもたちは在宅中心の生活を余儀なくされている。そのような状況にあって、子どもの運動不足を解消し、筋力や持久力といった基礎能力の低下を防ぐことは社会課題となっている。

そこで、博報堂の「ミライの事業室」などの4者が、「POSE & PLAY」を共同開発。昨年に発足したばかりの「ミライの事業室」は、「チーム企業型事業創造」という独自のコンセプトのもと、さまざまなパートナーと連携しながら新規事業開発に取り組む。同組織による今後の新たな事業にも期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報