海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech PARTYが新会社設立! サッカークラブ専用アプリ「スタジアムアプリ」ローンチ

Tech

PARTYが新会社設立! サッカークラブ専用アプリ「スタジアムアプリ」ローンチ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでTechable(テッカブル)では、クリエイティブ集団PARTYについて何度か取り上げてきた。例えば、AR定規バーチャルパークシステム「VARP」の開発、2017年にはPARTYのメンバー3名へのインタビュー記事も公開している。

そんなPARTYがこのたび、サッカー観戦をDXする新会社「Stadium Experiment(スタジアム・エクスペリメント)」を設立。各サッカークラブに最適化した専用アプリを通じてバーチャルでのサポート観戦を実現する「スタジアムアプリ」を提供していく。

まずは主となる3機能から

「スタジアムアプリ」は、スタジアムとサポーターの熱狂を可視化し、新たな観戦体験を提供するサポーティングアプリだ。

主な機能としては、サービス内通貨「サポート」を使ってデジタルグッズによる応援を届ける「サポーティング」機能や、3Dスキャン技術を活用した選手のアバターによるリッチな演出が可能となる「3Dアバター」機能(一部のクラブで実施)、地域の店舗と連動し、スタジアムに来場してチェックインするともらえる「サポート」が買い物に使える「チェックイン」機能がある。

また、サポーター自身も3Dアバターをもち、VR空間で一緒に楽しめる「ヴァーチャルスタジアム」機能も今後追加予定。

J1、J2、JFLのチームで導入決定

「スタジアムアプリ」は現在、北海道コンサドーレ札幌、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、FC町田ゼルビア、奈良クラブでの導入が決定している。

導入したクラブはそれぞれアプリ名を決めてクラブ専用アプリとして運用していく。例えば、北海道コンサドーレ札幌のアプリ名は「STADIUM CONSADOLE(スタジアム コンサドーレ)」、清水エスパルスは「S-PULSE STADIUM(エスパルス スタジアム)」といった具合だ。

9月から順次運用開始し、フィードバックをもとに各クラブに特化したアプリとしてサービスを提供していくとのこと。まずは、9月5日からJFL奈良クラブ(アプリ名「N.GO」)で試験運用を開始する。

Stadium Experimentは、スタジアムにおける「未来の体験」の創造を目指したロードマップを構想。同アプリを皮切りに、AR・VRを活用したライブエンターテイメントの拡張や完全なるリモート観戦などを視野に入れ、実験的なアクションを展開していくようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報