海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up あらゆるデバイスの急速充電に対応するケーブル「VOLTA Spark」はマグネット着脱式!

Start Up

あらゆるデバイスの急速充電に対応するケーブル「VOLTA Spark」はマグネット着脱式!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホにラップトップPC、ワイヤレスイヤホン、コンソールなどと身の回りにガジェットが増えている。そうしたあらゆるガジェットの急速充電に対応するケーブルがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

オーストラリアのスタートアップが開発した「VOLTA Spark」。3種のポートに対応し、しかもマグネットで着脱ができる。

USB-C は100W出力

VOLTA SparkはUSB-Cケーブルで、3種(マイクロUSB、USB-C、ライトニング)のチップが用意されている。これらチップはあらかじめ端末の充電ポートに差し込んでおく。

出力はマイクロUSBが10W、USB-C PDが100W、ライトニングが18W。つまり、USB-C PDでラップトップPCやAndroidスマホなどを、あるいはライトニングでiPhone Xシリーズなどを急速充電できる。加えて、データ転送にも対応し、転送速度は480bp/sだ。

MagSafeを再び

VOLTA Sparkのもう1つの特徴は、チップとケーブルがマグネットでくっつくようになっていること。チップ近くにケーブルを近づけると磁力で吸い寄せられてパチっとくっつく。かつてMacBookで採用されていたコネクタMagSafeのスタイルだ。これなら取り付け、取り外しどちらも楽に行える。

また、各チップを差し込んでおくことでさまざまなデバイスに同じケーブルで対応できるのもメリットだ。外出や出張のときなど、携帯するケーブルを減らせるのは嬉しい。

VOLTA SparkはIndiegogoで資金調達を展開中で、記事執筆時点の出資額は28ドル(約3000円)〜となっている。すでに目標額は達成。9月24日まで出資を受け付けたのち、11月にも発送が始まる見込みだ。

VOLTA Spark/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報