海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 物流現場を支援!プラスオートメーション、物流ロボの新サービスを提供開始

Enterprise

物流現場を支援!プラスオートメーション、物流ロボの新サービスを提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
プラスオートメーション株式会社(以下、プラスオートメーション)は、ソーティングロボットシステム「t-Sort+」に独自システムを組み合わせたサービスの提供を開始。物流現場における生産性の向上などに貢献していく。

サブスク型の物流ロボティクスサービスを提供

プラスオートメーションは、三井物産株式会社と日本GLP株式会社の合弁会社として、昨年の6月に設立された。

同社が提供する物流ロボティクスサービスの特徴は、月額定額制のサブスクリプション型であること。初期導入費用は0円となっており、導入も比較的短い期間で完了するようだ。また、月額料金にはコンサルティングなどにかかる費用も含まれるため、活用のしやすさがセールスポイントといえるだろう。

次世代型ソーターシステムと独自システムを活用

今回提供が始まったサービスは、通過型物流センター(TC)や在庫型物流センター(DC)の現場を主な対象としている。

同サービスで用いられる「t-Sort+」は、中国に本社を置くZhejiang Libiao Robots社が製造。無人搬送車(AGV)を用いて商品を搬送し、仕分け作業の省人化や効率化を実現する次世代型ソーターシステムとなっている。従来の固定ソーターと比べて高い柔軟性と機動力を持つことに加え、省スペースでの運用に対応している点が特徴だ。

さらに今回のサービスでは、プラスオートメーション独自の倉庫実行システム(WES)を活用。これにより、利用者の倉庫管理システム(WMS)や既存機材と「t-Sort+」の連携が容易になった。従来との比較でさらにスピーディーなシステムインテグレーションが可能になり、最短で数日での導入が実現するとのこと。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報