海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アサヒグループHD、「VR商品パッケージ開発支援システム」を開発!

Tech

アサヒグループHD、「VR商品パッケージ開発支援システム」を開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アサヒグループホールディングス株式会社(以下、アサヒグループHD)は、「VRパッケージ開発支援システム」を開発。VR技術の活用により、従来業務の効率化などを図る。

実店舗における商品の陳列を再現

「VRパッケージ開発支援システム」の利用者はVRゴーグルを装着することで、実店舗における商品の陳列イメージを、リアルに近い形で確認できる。また、VRゴーグルを通じた視界を、チームで共有することも可能になっている。

同システムは、「3Dモデル生成システム」と「仮想商品棚生成システム」の2つによって構成される。「3Dモデル生成システム」では、平面デザイン案や実際の商品を、専用ソフト・スキャナーで読み込む。これにより、缶やペットボトルといった商品の3Dモデルが生成される。その3Dモデルの陳列イメージが、「仮想商品棚生成システム」の仮想商品棚にて確認可能となる仕組み。

商品パッケージのデザイン決定などをスムーズに

これまでアサヒグループHDでは、商品パッケージのデザイン決定にあたり、店頭での印象などを確認するため、実際の商品棚を再現した上で試作品を陳列していたという。今回の「VRパッケージ開発支援システム」の導入により、試作品作成にかかるコストや手間を削減することができ、商品開発業務の効率化が実現する。

同システムの試験運用スタートは来月を予定しており、アサヒ飲料株式会社における商品開発時に使用されるとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報