海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 近視の進行抑制を目指す!「クボタメガネ」の概念実証試験が成功

Tech

近視の進行抑制を目指す!「クボタメガネ」の概念実証試験が成功

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
窪田製薬ホールディングス株式会社(以下、窪田製薬HD)は、ウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」の概念実証試験を行い、一定の効果が確認されたことを発表。同デバイスの開発は、窪田製薬HDの100%子会社であるクボタビジョン社が行う。

ウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」とは?

眼科医療ソリューションを手がける窪田製薬HDは、眼疾患に悩む人の視力維持と回復に貢献することを目指している。同社は、米国のクボタビジョン社を研究開発の拠点として、革新的な治療薬や医療技術の開発に取り組む。

そして、現在開発が進められているクボタメガネには、独自のアクティブスティミュレーション技術「クボタメガネテクノロジー」が活用されている。これは、網膜に人工的な光刺激を与えることにより、近視の進行抑制を目指す技術だ。

米国における試験で、一定の効果を確認

クボタメガネに関する今回の概念実証試験は、米国にある眼科専門の研究所「Manhattan Vision Associates」にて行われた。近視傾向のある18歳から35歳までの25名が被験者となり、前述のクボタメガネテクノロジーを用いたウェアラブルデバイスを数時間にわたって装着。結果として、近視の一種「軸性近視」の抑制につながる眼軸長の短縮が確認されたという。

窪田製薬HDは、今年中のプロトタイプ完成と来年中の商業化を目標に、今後も開発を進めていくとしている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報