海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 最先端技術を導入!イオン、次世代ネットスーパー稼動へ向けて準備中

Enterprise

最先端技術を導入!イオン、次世代ネットスーパー稼動へ向けて準備中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン株式会社が、次世代ネットスーパーの稼動へ向けて準備を進めていることをご存じだろうか。

同社は昨年11月に、英国のOcadoグループ子会社であるOcado Solutionsと、日本国内における独占パートナーシップ契約を締結。そして昨年12月には、イオンネクスト準備株式会社(以下、イオンネクスト)を設立した。このような取り組みにより、最先端のロボティクス機能などを導入したCFC(顧客フルフィルメントセンター)建設に加え、ネットスーパー事業の本格稼働を2023年中に実現させる見込み。

今回はイオンネクストが、千葉市のCFC建設予定用地の取得に関する予約契約を、エム・ケー株式会社と締結した。

ロボットやAIを活用!

CFCはイオンネクストにとって第1号の大型自動倉庫となる予定で、同センター内で約5万品目の商品をそろえられることを特長としている。

また、ロボットとAIによる24時間稼働や効率的なピックアップで、安定的な供給力を誇ることもセールスポイントだ。Ocadoのソリューションを活用したCFC内のロボットは、50点の商品を約6分間で処理できるという。

地域経済の活性化にも貢献

今回、千葉市緑区誉田町での建設が予定されているCFCの建築面積は、2万7,500平方メートル。ネットスーパー事業としては、千葉県および首都圏を対象に、インターネット経由で注文を受けて配送を行うオンライン・スーパーマーケットのサービスを提供する。

2023年の事業開始時には、千葉県において700人程度の雇用を計画中とのこと。また、「ネクストコア千葉誉田プロジェクト」として千葉市との連携が進んでおり、地域経済の活性化という効果も期待できそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報