海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 高精度の睡眠計測!企業や研究機関向けの「InSomnograf®」

Enterprise

高精度の睡眠計測!企業や研究機関向けの「InSomnograf®」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社S'UIMIN(以下、S'UIMIN)は、睡眠計測サービス「InSomnograf®」を開発。ウェアラブルデバイスとAIの活用によって、自宅などでも臨床レベルの測定が可能なシステムとなっている。来月1日から、睡眠に関する研究開発を行う企業や研究機関向けに提供を開始する。

従来の課題を解決した睡眠計測サービス

睡眠に関する従来の研究や製品開発では、対象者の睡眠の状態を把握するために、アンケートや活動量計などが用いられてきた。しかし、アンケートは対象者の主観的な評価に基づいており、結果は個人差が大きいものになってしまう。また、睡眠・覚醒を体動から推定する活動量計は、睡眠の質に関して限られた情報しか得られなかったという。

そこで、臨床レベルで睡眠を計測する標準法としては、脳波などの生体電位を測定する終夜ポリグラフ検査(PSG検査)が挙げられる。ただし、この方法では検査入院が必要となることに加え、20以上の電極やセンサーの装着による対象者の負担も大きいため、日常の睡眠状態を把握できない。また、得られた生体データの解析による睡眠段階の判定にも時間がかかり、汎用性が高いとはいえなかった。

筑波大学発のスタートアップであるS'UIMINは前述のような状況を踏まえ、PSG検査と同等の精度で脳波データを取得できるウェアラブルデバイスと、高精度のAI解析システムをそれぞれ開発。これらを組み合わせ、実用的な睡眠計測サービス「InSomnograf®」として提供するに至っている。

20種類以上の睡眠指標を算出

「InSomnograf®」の睡眠計測は、アメリカ睡眠学会が提唱する睡眠ステージ判定を忠実に再現したもの。脳波データを30秒ごとの単位(エポック)に分けて、ノンレム睡眠やレム睡眠などの判定を行う。そして、睡眠経過図から20種類以上の睡眠指標を自動的に算出する。

サービスの利用にあたっては、企業や研究機関にて対象者を抽出。対象者は、S'UIMINのウェアラブルデバイスを用いて、7晩にわたる測定を実施する。その後、デバイスをS'UIMINに返送。AIシステムによる脳波データの解析が行われ、結果がレポートで共有されるとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報