海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech SaaS統制プラットフォーム「YESOD」、総額2億円を調達!

Tech

SaaS統制プラットフォーム「YESOD」、総額2億円を調達!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「企業の人・組織・情報にまつわる非効率をなくす」というミッションを掲げる株式会社イエソドは、複数のSaaSサービスを導入することで浮上する管理面の課題を解決すべく「YESOD」を開発。各種SaaSのアカウント発行・権限設定を自動化できる同サービスは、「SaaS for SaaS」とも言えるだろう。

そんな同社はこのたび、プレシリーズAラウンドにてDNX VenturesらへのCE型新株予約権の発行により総額2億円の資金調達を実施した。

SaaS管理・セキュリティーなら「YESOD」

「YESOD」は、DXを推進する企業が複数のSaaSサービスを導入した際に抱える課題を解決するサービス。

同社は、SaaS管理における課題の本質を「人事・組織の情報を正しく管理できていないこと」であると捉え、組織の階層構造をまるごと格納でき、かつ時系列に管理できるデータベースを備えた「YESOD」を開発した。

これにより、システムごとにバラバラに登録されている社員の情報や、入退社や異動による社員の情報、誰がどのSaaSを使っているのかという情報といった人事・組織情報を簡単に統合できるようになる。

指定日時に人事・組織情報を各種SaaSに自動連携することで、管理者のメンテナンス業務の効率化を実現したり、時系列の情報管理による迅速な意思決定のサポートをしたり、各種レポート出力によってIT監査など内部統制の業務負担軽減を実現したりと、実に多機能なサービスだ。

また、ヒトではなく役割に応じたSaaSのアクセス権限を自動設定が可能で、不正による情報漏えい防止にも貢献するという。

人材採用を強化

そんな同社がこのたび、DNX VenturesとANRIより、CE型新株予約権の発行による総額2億円の資金調達を実施した。

現在、基盤となる人事・組織データベースのプロトタイプ開発を終え、SaaS管理機能の開発フェーズに入った同社。今回の資金は、主要サービスの開発を行うエンジニアおよび導入を行う業務コンサルタントの拡充のために使われるようだ。

DNX VenturesのManaging Directorである倉林 陽氏は、SaaSのアカウント管理や情報コンプライアンスの強化のニーズが高まるなかで、「YESOD」は「まさにSaaS普及時代に必要不可欠なサービス」であると考えており、日本屈指のエンジニアである竹内秀行氏を筆頭に高い技術力を持つ同社への期待を示している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報