海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech JTBがVRを活用したバーチャル修学旅行を開発

Tech

JTBがVRを活用したバーチャル修学旅行を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JTBは、リアルとVRを融合させた新感覚体験型旅行「バーチャル修学旅行360」を開発し、8月31日より全国の小学校、中学校、高等学校を対象に「京都・奈良編」の予約受付を開始することを発表した。

思い出作りにデジタル技術を活用

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スポーツやイベントなど様々な学校行事が中止が相次ぐ中、修学旅行においても中止する学校や自治体が全国で増加している背景を受け、JTBでは、デジタル技術を駆使し、リアル+VR 新感覚体験型旅行「バーチャル修学旅行360」を開発した。

同コンテンツでは、VR技術による360度の没入感あふれる映像体験、バスガイド・女将などリアルタイムでのコミュニケーションによるオンライン双方向交流、ものづくり体験やお土産購入など、実際に修学旅行で行う体験をVRを通じて体験することを可能にしている。子どもたちにはまるで本当に修学旅行に来ているかのような感覚を味うことができるコンテンツになっているという。

リアルの学びへつながるVR

予約受付を開始する「京都・奈良編」は「360度VR映像体験」「オンライン交流」「伝統文化体験」「お土産販売」「その他オプション」の5つで構成されており、子どもたちはこれらすべてを学校の教室や体育館などで体験することができる。

「360度VR映像体験」では、京都、奈良の寺社仏閣等の360度映像を、スマホに取り付けた簡易ゴーグルを使って教室で視聴でき、通常は立ち入ることのできない場所や人の目では見ることのできない角度からの映像など、バーチャルならではのスペシャルな映像も楽しむことも可能だ。また、「オンライン交流」では、舞妓、旅館の女将、バスガイド、タクシー運転手など、修学旅行で出会うはずだった様々な人々と、学校からオンラインを使って交流することが可能に。さらに「伝統文化体験」では、清水焼、漆器、扇子、友禅染などの伝統工芸体験や、着物、能などの伝統文化体験も用意されている。

JTBはこれまでにも積極的にVRを導入してきた企業の一つ。例えば、JTB店舗での旅行相談の接客の際にVRを活用したり、首里城の復興応援企画として、炎上前の首里城を360度VR映像で体験できるコンテンツを制作するなど、様々な方法でVRを取り入れてきた実績を持つ。

同社は、デジタルを基盤にしたリアルな交流機会を創造することを目標として掲げており、今後もさまざまなコンテツが発表されていくことが予想される。

JTB
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報