海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech VR施設「V-RAGE」が正式ローンチ! eスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」開催決定

Tech

VR施設「V-RAGE」が正式ローンチ! eスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」開催決定

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が運営する「RAGE」は、eスポーツ観戦やイベント体験ができるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版を2020年3月にローンチ。コロナ禍での新たなeスポーツ体験を提供する場として、1万人を超える参加者を動員したという。

あれから約5ヶ月、2020年8月29日~30日に開催されるeスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」の開催に合わせて、外観や演出をアップデートし正式ローンチを発表した。

β版よりさらにパワーアップ!

「V-RAGE」は、クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォームを利用し、これまで「RAGE」が開催してきたオフラインのeスポーツ大会やイベントをバーチャル空間で体験できる施設だ。

スマートフォンやパソコンからのアクセスでeスポーツ観戦やイベント参加が可能となる手軽さも魅力。また、VRデバイスを使用すれば、リアルな会場にいるような臨場感を味わえるとのこと。

そんな「V-RAGE」が、β版よりさらにアップデートしたという。

「RAGE ASIA 2020」のためにBEAMSがデザインしたオフィシャルTシャツを自身のアバターに着せられるうえ、アバターと同じデザインのTシャツを購入できるシステムが追加されている。

また、ボイスチャット機能が使えるようになり、友だちとのリアルなコミュニケーションを楽しみながら観戦することも可能となった。

さらに今回は、「RAGE ASIA 2020」の世界観に合わせて「V-RAGE」のデザインを一新。ゲームタイトルやイベントのイメージに合わせたデザイン設計ができるようになったようだ。

2タイトルの白熱バトル! 豪華ゲストも

満を持して正式ローンチされた「V-RAGE」最初のイベントがアジア最高峰のeスポーツ国際大会「RAGE ASIA 2020」。

今回のゲームタイトルは、グローバルで人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」と、日本を中心に人気沸騰中のスマホ向けTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動-Knives Out-」の2タイトルを予定している。招待されたトッププレイヤーたちの白熱バトルは必見だ。

「V-RAGE」では、プレイヤーに対する投げ銭機能を導入し、応援マネーやコメントなどでコミュニケーションをとれるような展開を想定しているとのこと。また、衣装やグッズなどのアイテムのほかに花火などの演出も購入できる予定とのことで、バーチャル施設ならではの演出が楽しめそうだ。

そしてもうひとつの注目ポイントは人気VTuberなどの豪華ゲスト陣。MCには、テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」でもおなじみの電脳少女シロを迎え、29日にはヤマトイオリと東雲はるが、30日には渋谷ハルと白雪レイドが登場するとのこと。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報