海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech JLab Audioの新製品「GO Air」は高コスパ! 20時間駆動、カスタムEQサウンドで29ドル

Tech

JLab Audioの新製品「GO Air」は高コスパ! 20時間駆動、カスタムEQサウンドで29ドル

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イヤホンメーカーJLab Audioが魅力的なワイヤレスイヤホン新製品「GO Air」を発表した。

コンパクトながら20時間駆動し、カスタムEQサウンドを楽しめるオールマイティさを備えつつ価格は29ドル(約3000円)とかなりリーズナブルだ。

3種のサウンドモード

イヤホンで確保したいのが、何をおいても品質だろう。聞こえは音楽体験を左右する。ただ。あまりにも品質を追求すると、値段に響く。また、ワイヤレスイヤホンの場合、駆動時間も消費者が気にするところだ。

そうした点において消費者のニーズにオールラウンドに応えるのがGO Air。まず音質については、GO Airは8ミリのネオジウムドライバーを搭載する。

さらには搭載するセンサーをタッチして、3種類の設定から好みのサウンドを選べるようになっている。低重音を強力にするモードなどもあり、音楽によって使い分けると良さそうだ。こうした変更をアプリなしに行えるのは便利だろう。

AirPodの5分の1以下の価格

また、携帯しやすいようGO Airはコンパクトなデザインとなっている。JLab Audioが展開しているJBuds Airより20%小さく、各イヤーピースはわずか5グラム、充電ケースも50グラムとなっている。

躯体がコンパクトになるとバッテリーも小さくなる傾向にあるが、GO Air本体で5時間駆動し、ケースで充電すればさらに15時間のびる。計20時間というのは特に長いわけではないが、たとえばAppleのAirPodの24時間にさほど劣るものでもない。ケースに充電ケーブルがビルトインされているのも何気に便利だろう。

そして、GO Airの最大のセールスポイントが29ドルという価格。160ドル(約1万7000円)するAirPodの5分の1以下だ。この値段なら、万一紛失しても諦めがつき、スペアとして持っておくのにも良さそう。カラーは黒、白、緑、青の4色が用意されている。

JLab Audio
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報