海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise ジェイテクト、羽田空港地域における自動運転の実証実験を実施

Enterprise

ジェイテクト、羽田空港地域における自動運転の実証実験を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ジェイテクト(以下、ジェイテクト)は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験へ参画している。同社は、今年6月上旬から7月中旬までの期間に、羽田空港地域における自動運転の実証実験を行ったことを明らかにした。

次世代型公共交通システムの実現へ向けた実証実験

羽田空港地域の実証実験では、同空港の第3ターミナルビルと跡地第1ゾーンを結ぶ公道の実環境下において、磁気マーカやITS無線路側機を用いた公共車両優先システム(PTPS)などを利用。すべての人に優しく快適な、運転自動化レベル4に相当する次世代型公共交通システムの実現を目指す。

ジェイテクトは今回、日野ブルーリボンシティを実験車両として使用した。羽田空港ターミナルビルの仮設バス停を発着点に設定し、羽田イノベーションシティを経由する周回コースの公道区間にて自動運転走行を実施。実験期間中は、発進や最大時速60kmの走行に加え、正着制御による停車などの一連の走行パターンを繰り返し試したとのこと。

社会的課題の解決に貢献するジェイテクト

今回の実証実験では、テストコースなどにおける限られた条件での実験とは異なり、実交通環境下の走行データを多く取得することができたという。

この実証実験で得られた成果に基づいて、ジェイテクトは技術のさらなるブラッシュアップを図る。そして、次世代型公共交通システムの実現へ寄与することで、高齢者や交通制約者のモビリティ確保といった社会的課題の解決に貢献していく。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報