海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise フロアーロボット「PEANUT」を利用!「土間土間 赤坂店」で実証実験を実施中

Enterprise

フロアーロボット「PEANUT」を利用!「土間土間 赤坂店」で実証実験を実施中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本システムプロジェクト(以下、日本システムプロジェクト)は、コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナルが運営する「居酒家 土間土間」(以下、土間土間)の店舗にて、実証実験を実施中。実験では、フロアーロボット「PEANUT(ピーナッツ)」が用いられている。

多くの国で活躍しているPEANUT

フロアーロボットのPEANUTは、中国をはじめとしたアジア地域やアメリカなどで活躍。日本システムプロジェクトは、同ロボットの製造元であるKeenon Robotics社と、昨年にパートナーシップ契約を締結していた。

PEANUTは、飲食店のマッピングデータと複数のセンサーを用いて自律的に判断を行い、利用客の席へ料理を届ける。利用客や障害物にぶつかることなく安全な走行ができるよう、走行速度の変更に対応。また、音声で料理の到着を案内する点もユニークだ。

今年10月末まで実証実験を実施

今回の実証実験が行われているのは、東京都港区の「土間土間 赤坂店」。実験は先月30日からスタートしており、今年10月末まで継続される予定となっている。

土間土間は、PEANUTによる配膳や片付けのサポートを受け、利用客とホールスタッフの直接的な接触機会の低減を図る。これにより、新型コロナウイルス対策としての同ロボットの有用性を検証する。

また、エンターテインメントとしての効果にも注目。利用客がPEANUTを見て笑顔になり、店舗イメージの向上につながることが期待されている。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報