海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ドローンとAIを活用!海岸漂着ごみ削減を目指し、長崎県で行われた実証実験とは?

Tech

ドローンとAIを活用!海岸漂着ごみ削減を目指し、長崎県で行われた実証実験とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
産学連携の海岸漂着ごみ削減プロジェクト「Debris Watchers」のドローンチームは、先月31日に長崎県で実証実験を実施。ドローンとAIを用いた海岸漂着ごみ検知システムに関して、実用性が確認されている。

海岸漂着ごみの削減へ向けた実証実験

現在、海岸に漂着するごみの多くは、ペットボトルやビニール袋などのプラスチックごみだ。分解されずに残り続けるため、絶滅危惧種を含む生物の生存に悪影響を与えており、世界的な問題となっている。

そのような状況を受け、前述の「Debris Watchers」は、海洋ごみ削減とビジネス創出を目指す「プロジェクト・イッカク」の一環として、新たなビジネスの創出に取り組んでいる。具体的には、人工衛星やドローンから取得したデータの解析などを通じて、海岸漂着ごみ検知システムの確立を図る。

先月31日午後に行われた実証実験では、自律制御システム研究所が手がける国産ドローン「ACSL-PF2」などを用いて、長崎県対馬市の上槻海岸を撮像。その画像をAIで解析し、海岸漂着ごみの画像認識技術の実用性を検証した。

学習データが少なくても、高精度の識別を実現

ドローンによる空撮画像の解析を担当したのが、AI・ディープラーニングを主な事業領域とする株式会社Ridge-iだ。同社は、独自のアルゴリズムを用いて空撮画像を解析。画像1枚につき約4分で解析を行い、ごみの種別や分布場所などを推定した。

通常は数百枚に及ぶ画像が必要とされるところ、今回は30枚の画像を用いてごみを識別。少ない学習データでも高精度の識別を実現したとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報