海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 外科手術のトレーニングをリアルタイムのVR環境で実現するImmertec

Start Up

外科手術のトレーニングをリアルタイムのVR環境で実現するImmertec

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Immertecは外科手術のトレーニングにVR(仮想現実)環境を導入した。新しい機器を導入する際など、リアルタイムで没入感のある訓練によって、高い教育効果を発揮するものだ。

講師や受講者がリモート環境にいてもトレーニングが実施できるようになるため、優れた外科技術の普及に対する貢献が期待される。

外科手術のVRライブ配信アプリ

Immertecのアプリには、外科手術のトレーニングに必要な機能が揃っている。まず、講師となる医師は、アプリのスケジュール機能によって受講者と予定を合わせることが可能だ。また、講師側にある手術室には複数のカメラを備え付け、トレーニング中の動画配信が行える。

受講者は、VRゴーグルを装着し、ライブ配信されるトレーニングを閲覧する流れとなる。

ライブ配信は異なる角度から外科手術の様子が確認できるため、手元の細かい作業までよく見えるのが利点だ。事前に撮影したレントゲン画像や、トレーニング中のチャットも、映像に重ね合わせて閲覧可能となる。

追加の資金調達の後、国際展開へ

コロナ禍によって移動が難しくなる中、リモート環境でトレーニングが開催できるのはメリットが大きいだろう。

また、事前に撮影されたコンテンツではなく、リアルタイムの映像を使っている点も興味深い。細かい作業手順が重要となる医療機器は、没入感の強いVRとの相性がいいのかもしれない。

2019年にシリーズAとして600万ドルを調達した同社だが、2020年7月には、さらに追加で600万ドルの投資を受けた。

Immertecのシステムは既に100以上の医療機関に導入されていると言う。資金調達の後、計画されているのは、利用する医療機関を1000か所まで増やすと共に、医大への導入や米国外への進出だ。VR技術の価値あるユースケースとして今後の発展が期待される。

Immertec
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報