海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 重機接触災害の根絶を目指す!2社が共同で開発する、重機搭載型のAIカメラ監視システム

Enterprise

重機接触災害の根絶を目指す!2社が共同で開発する、重機搭載型のAIカメラ監視システム

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Lightblue Technology(以下、Lightblue Technology)と清水建設株式会社(以下、清水建設)は、重機搭載型のAIカメラ監視システムを開発。同システムを通じて、山岳トンネル現場における重機接触災害の根絶を目指していく。

高精度かつ低コストの監視システム

今回のAIカメラ監視システムは、単眼カメラユニットと画像解析AIで構成されている。重機に取り付けられた単眼カメラの画像によって、重機周辺の危険区域内にいる人間を瞬時に検知。その上で、警告音やライトなどのアラートを出す仕組みとなっている。

最大の特徴は、人間を検知する画像解析AIに、骨格推定アルゴリズムを組み込んだこと。カメラ画像に映り込む人間の関節の動きから、頭や腕などの骨格をリアルタイムで推定し、姿勢やポーズまで認識できる。

また、コンパクトで安価な単眼カメラを用いていながら、高価なステレオカメラ並みの距離推定精度を実現したこともセールスポイントだ。

今後の商品化に期待がかかる

建設現場で発生する災害のうち、重機接触災害が占める割合は約2割に上るという。特に、狭い作業空間内で複数の重機を稼働させる山岳トンネル現場では、重機と作業員の接触回避が安全管理上の大きなポイントとなっていた。

重機接触災害を防ぐための技術としては、ステレオカメラを用いたカメラ監視システムがすでに製品化されている。しかし、既存製品は導入コストが高いことに加え、人がしゃがんだ状態では検知が難しいという制約もある。

そのような課題を解決すべく、今回のAIカメラ監視システムが開発された。実証試験では、9割以上の高い検知精度を確認できたとのこと。

今後は、神奈川県内で施工中の「新東名高速道路 萱沼トンネル工事」において、同システムを備えた重機を導入する。実際の現場での検証結果に基づいて、検知精度などの改良を図り、来年中の商品化および外販開始を目指す。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報