海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise アバターとの会話によって注文!「AIアバターレジ」の実証実験が今年10月からスタート

Enterprise

アバターとの会話によって注文!「AIアバターレジ」の実証実験が今年10月からスタート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
EGGS 'N THINGS JAPAN株式会社(以下、エッグスンシングス)は、飲食業界におけるDXを促進する「Customer Along Service」の構想を発表。同構想の一環として、ウェルヴィル株式会社(以下、ウェルヴィル)との共同開発による「AIアバターレジ」の実証実験を行う。

対話エンジンを搭載した非接触型の注文システム

AIアバターレジでは、モニター上のアバターと会話をすることにより、料理を注文できる。会話だけで注文が完結するため、タッチパネル操作は不要だ。ウェルヴィルが開発した対話エンジンを搭載し、シナリオ通りではない会話内容にも対応しているという。

また、店舗スタッフがアバターに対して話しかけることで、店舗ごとに異なる応対を学習することも可能。このAIアバターレジの実証実験は、今年10月からスタートする。

複数のシステムを組み合わせた構想

飲食業界のDX促進を目的としてエッグスンシングスが発表したCustomer Along Serviceは、前述のAIアバターレジを含む複数のシステムによって構成される。

まず、オンライン上で注文や決済を行い、店舗で料理をテイクアウトできる「事前注文システム」が挙げられる。続いて、テーブル上のQRコード経由で注文や決済を行える「テーブルオーダーシステム」。最後に「カスタマートラッキングシステム」では、顧客が座っているテーブルの位置を、従業員がタブレット上で把握できる。

これら3つのシステムは、レター株式会社によって近日中に提供が始まる見込み。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報