海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up マウスが不要に、手の空中動作で操作するウエアラブル「Pero」登場

Start Up

マウスが不要に、手の空中動作で操作するウエアラブル「Pero」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国のスタートアップ「Palmcat Corp.」が、マウスを廃れさせてしまいそうなウエアラブルを開発した。

それは、センサーが仕込まれたシリコン製のバンド「Pero」。手にはめて空中で動かすと、マウスを使うのと同じようにPCを操作できる。さらに進んで、キーボードショートカットを自分独自の動作にカスタマイズすることもできる。

マウスに手を伸ばす必要なし

「Pero」は、センサーでユーザーの手の動きと指の圧力を感じ取り、それをコマンドに変換して、bluetoothでPCに送るウエアラブルデバイスだ。

Microsoft OfficeやAdobe Creative Suite、様々なウェブブラウザ、ポピュラーなゲームソフトなどを、直観的な手の動作で操作できるようになる。例えばカーソル(矢印)を動かしたいときはその方向に手をやればいいし、手を素早く横に動かすと画面がスワイプする。YouTubeの音量を下げたいときは「→」「↓」の順番で動かせばいい。

Palmcat Corp.のニュースリリースによれば、あらゆるマウス操作をこれで行えるとのこと。キーボードを打つ途中でマウスに手を伸ばすのはけっこう面倒なものだが、Peroをはめていればマウスを探さなくてもいい。また、マウスのための平らなスペースも不要になる。

ショートカットをカスタマイズ

Peroには、コマンドとして使える基本的な動作がプリセットされているが、それ以外の動作をショートカットコマンドとして登録することもできる。

縦横斜め、回転など16通りの手の動きと、その時の指の握り方3通りの組み合わせで、計48通りの動作をカスタマイズできるとのことだ。

「Peroは時代の一歩先を行くもの」と、Palmcat Corp.のCEO・Jungmo Kim氏は言う。当初のメインターゲットは新し物好きの人たちらしい。現在、クラウドファンディング中だが、すでに目標額の4倍が集まっている。

KICKSTARTER/Pero
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報