海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ダイエッターには待ち遠しい? 料理の写真でカロリー計算するアプリ開発中

Tech

ダイエッターには待ち遠しい? 料理の写真でカロリー計算するアプリ開発中

減量中の人にとって、口にしようとしている食事のカロリーは気になるところだろう。もし、料理に詳しい人、栄養学を学んだことのある人なら料理が盛られた皿を見ておおよその検討はつくかもしれない。 しかし、そうでない人の強い味方に...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SRI International減量中の人にとって、口にしようとしている食事のカロリーは気になるところだろう。もし、料理に詳しい人、栄養学を学んだことのある人なら料理が盛られた皿を見ておおよその検討はつくかもしれない。

しかし、そうでない人の強い味方になってくれるアプリが現在、米国で開発中だ。なんと、スマートフォンのカメラで料理の写真を撮るだけでおおよそのカロリーを表示してくれるというものだ。

そうは言ってもまだ開発中で、手掛けているSRI Internatinalは1年以内の実用化を予定しているという。

SRI Internatinalと聞いて、テクノロジーに詳しい人ならピンときただろう。そう、Appleのパーソナルアシスタント機能「Siri」の開発を手掛けた会社だ。

同社の「Ceres」と名付けられたこのカロリー計算プロジェクトには画像認識技術を用いていて、アプリ実用化に向けてクリアしなければならない問題が2つある。1つは、写真の食べ物が何かを正確に認識すること。2つめは、料理のボリュームをどう計算するかということ。

その2つがクリアできたとしても、写真ではとらえられない要素(例えば料理に油やバターを使っているかどうか)により、カロリーに幅が出てくるのは必死だ。その幅を埋めるべく、ユーザーがどこにいるのか(レストランのジャンルなど)や、過去にどういうものを食べているのかなどSiri的機能を使うとみられる。

Siriに使われている音声認識技術が今現在も改善されつつあるように、画像認識もまた同様だろう。Ceresが実用化されれば、世界中のダイエッターのスマホにダウンロードされるに違いない。

SRI Internatinal
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報