海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 好きなお店の料理を自宅で!アメリカで話題のデリバリーサービス「EatStreet」

Marketing

好きなお店の料理を自宅で!アメリカで話題のデリバリーサービス「EatStreet」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Eatstreet最近フードデリバリー系のサービスが多くなっている。シンプルな配達サービスから、例えば野菜など、食材を定期的に配達してくれるサービスまで様々だ。

それらを踏まえると、今回紹介する「EatStreet」というサービスは、かなりシンプルなデリバリーサービスだといえる。Webサイトやアプリから、自分が興味のあるお店の料理を簡単に注文し、配達してもらえるというもの。

以前からたくさんあったようなサービスに思えるが、2010年のスタート以降急成長を続けていて、アメリカだけで既に3000以上ものレストランが登録されている。それも大きめのチェーン店だけではなく、地元のレストランなども多い。

1番最初に始めたわけでもないこのサービスがここまで多くのレストランを集められた理由は、レストラン側にとっても非常に使いやすいプラットフォームになっているからだ。

具体的には、簡単にページを作成・カスタマイズできるのはもちろん、ユーザーにクーポンやメールマガジンを発行したり、分析をすることまでできる。

お店のWebサイトをもっていない様なお店でも、このサービスをお店のサイトと兼用するような使い方もできるため、規模に問わず様々なレストランが集まっているのだ。

当面はアメリカ国内で拡大していく予定だが、いつか日本でも使える時がくるかもしれない。
EatStreet
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報