海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech まるでコーチのようなアシックスのスマートシューズ、Makuakeに登場!

Tech

まるでコーチのようなアシックスのスマートシューズ、Makuakeに登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
このたび、履いて走るだけで個人に合った走り方をリアルタイムな音声フィードバックなどで提案してくれるスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」がMakuakeにてプロジェクトを開始した。

アシックススポーツ⼯学研究所が開発した同製品は、no new folk studioのセンシングテクノロジーとアシックスが蓄積したランナーのデータを組み合わせ「よりよい走り方」をサポートしてくれる、まるでコーチのようなスマートシューズだ。

ベースのシューズは、アシックスがミッドソールやアウターソールなどにこだわり⾛⾏効率を追求したランニングシューズ「EVORIDE」を採⽤している。ちなみに、CES 2020にてプロトタイプを公開し、多くのメディアが注目した製品だ。

安全で効率的な走りを提案

アシックスの考える「よりよい走り方」とは、パフォーマンス向上のための「ダイナミックな動き」「効率のよい動き」、ケガをしないための「負担が少ない動き」に集約される。

この3要素を解析するために必要なデータを取得するのが、no new folk studio開発の専⽤センサー「ORPHE CORE 2.0」だ。

ランナーの動きや振動、衝撃を検知する「加速度センサー」と、⾜の向きや回転を検知する「ジャイロセンサー」によって、距離やラップタイムに加え、ペース・ストライド・ピッチ・着地パターン・接地時間・接地の⾓度・着地衝撃・プロネーション(スネに対するかかとの角度)など時系列データと左右の足の平均値といったパーソナルデータを計測する。

これらのデータをもとに「キック力」「キック効率」「ブレーキ効率」「衝撃の負担軽減度」「ねじれの負担軽減度」という5つの評価項目においてスコアを算出。

また、アシックスに蓄積された幅広いランナーのデータと照らし合わせ、走り方の改善ポイントを見出し、アプリ上でのおすすめのトレーニングメニューの表示や、リアルタイムで音声によるアドバイスを行う。

なお、アプリへの記録は、簡単な設定のみで可能とのこと。

プロランナーも驚く機能性!

「EVORIDE ORPHE」を使用することで、見逃しがちな「⼩さな⼒のロス」に気づけるという。

例えば、左右別々のデータ取得により走り方を外から見ているだけではわかりにくい左右差の可視化や、坂道の上りと下りの脚の使い⽅や負担の可視化によって、これまでより細かい「自分の癖」を知り、自分の力を効率的に発揮できる走り方へと近づけるというわけだ。

世界陸上でも活躍し2019年にプロランナーに転向した川内優輝⽒は同製品について、特殊な器具を使わず「ただ走るだけ」で想像以上にいろんなデータが取れるということに驚いたとし、「コーチをつけたりとかクラブチームなどに⼊っていない、⼀⼈で練習している⽅にとって有⽤なアイテムだと思いました。」とコメントしている。

同製品は現在Makuakeにて支援を受付中。Makuake特別価格34,650円(税込)でひとつ入手可能だが、限定30名のお得な支援もある。なお、All in型のプロジェクトであり、目標金額達成に関わらず2020年10⽉18⽇までに支払いを完了すれば応援購入成立するとのこと。

同製品とスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも目標に向かって走るパーソナルトレーニングが実現しそうだ。

Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報