海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 119番通報を共有!救急医療支援システム「Smart119」、千葉市消防局にて本運用開始

Enterprise

119番通報を共有!救急医療支援システム「Smart119」、千葉市消防局にて本運用開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Smart119による救急医療支援システム「Smart119」の本運用が、千葉市消防局にてスタート。119番通報を即時共有できるシステムとして、救急医療における課題解決を目指す。

ついに本運用がスタート

「Smart119」は、日本医療研究開発機構(AMED)の研究開発事業を通じ、千葉大学大学院医学研究院と共同で開発された。救急・消防現場の要望が反映されており、119番通報による救急出動の効率化や最適化をサポートする。

同システムを手がける株式会社Smart119は、千葉県千葉市の案件「次期救急情報共有システム賃貸借」を落札。今年4月24日に契約を締結していた。システムのテスト運用などを経て、実際の救急医療現場における「Smart119」の本運用が本日から始まる。

タブレット端末を活用したシステム

119番通報を受けて救急隊が駆けつけ、病院へ搬送するフローは、現時点でアナログ・リレー⽅式となっている。そのため、救急患者の「たらい回し」などが発生してしまう。

今回の「Smart119」の本運用では、ちば消防共同指令センターに入った119番通報の情報をタブレット端末に入力し、医療機関による受け入れ体制を即座に確認。そして、患者の情報を救急隊に共有する。これにより、前述のような「たらい回し」を減らし、救急患者のスピーディーな搬送を実現できる。

「Smart119」の特徴として、音声認識による自動入力に対応している点が挙げられる。消防指令センターのオペレーターが発する確認音声を拾うことで、入力に要する時間をおよそ8割短縮した。

AIを活用した「予測診断」アルゴリズムも完成間近とのことで、将来的なアップデートにも期待できそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報