海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ウェザーニューズが高解像度な体感予報APIの提供を開始

Tech

ウェザーニューズが高解像度な体感予報APIの提供を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ウェザーニューズは、企業や自治体のDX推進を気象データの切り口から支援するWxTechTM(ウェザーテック)サービスのデータラインナップのひとつとして、商品需要予測や最適な広告配信など、マーケティングに広く活用可能な1kmメッシュ体感予報APIの提供を開始した。

人の体感を10ランクで予報

1kmメッシュ体感予報APIは、ウェザーニューズに寄せられるユーザーからの体感報告と、天気・気温・湿度・風速などの気象データの分析から、“暑い”“寒い””ちょうどよい”"カラッと暑い""蒸し暑い""肌寒い"など、人の体感を10ランクで予報するというもの。

過去9年半に全国から寄せられた約1,500万通にものぼる体感報告と、報告時の気象データとの分析結果を基にしているため、北海道と沖縄での暑さや寒さの感じ方の違いなど、地域特性も反映している点も大きな特徴。システムに容易に導入可能なAPIでリアルタイムな情報利用が可能だ。

広告配信やマーケティングに

データは全国1kmメッシュ/1時間単位で取得することができるため、例えば、店舗ごとの発注最適化や販促プランの策定、時間単位での最適な広告運用に対応することができ、より高度なマーケティングを行うことも。体感予報を活用し、商品やサービスの需要を正確に予測することで、売り切れ・売れ残りを防ぐ商品発注の最適化や、業務の効率化が期待できる。

消費者心理によりタイムリーに働きかけるプロモーションにも活用できるため、売り上げ予測のほかにも、天気連動広告、電力需要予測、タクシー配車予測などに導入されることが期待されている。

ウェザーニューズ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報