海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Hello Robotが家庭用ロボット「Stretch」の販売開始! 家事の自動化がすぐそこ

Tech

Hello Robotが家庭用ロボット「Stretch」の販売開始! 家事の自動化がすぐそこ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: Hello Robot

Image: Hello Robot

家事を手伝ってくれるロボットには、ペッパーのような外見を想像する方もいるだろう。もしそうなら、今回発売となった身長測定器のような家庭用ロボットには拍子抜けするかもしれない。

でも紹介動画を観れば、このシンプルなロボットがいかに機能的かが理解できるはずだ。Hello Robotの「Stretch」には、スリムなボディに技術が詰め込まれている。

3DカメラとAIを駆使してターゲットを認識

Image: Hello Robot

家やオフィスのような雑然とした環境で役割を果たそうとするとき、ロボットには複雑で柔軟な処理が求められる。

紹介動画を観る限りStretchは、ソファやテーブルの高さに応じてアームを動かして掃除し、洗濯物やおもちゃなどの形状を認識してピックアップ。さらには犬の動きに合わせたやり取りまでこなしている。

この複雑な認識やアクション計画には、3Dカメラ(Intel RealSense D435i)やレーザーレンジファインダー 、荷重センサーとAIを駆使しているようだ。

オープンソースのソフトウェアで拡張性を追求できる

Image: Hello Robot

Hello Robotは、Googleでロボティクス関連プロジェクトを率いた経歴を持つAaron Edsinger氏が設立したスタートアップ。共同設立者のCharlie Kemp氏はジョージア工科大学で教鞭をとっている。

2017年に設立された同社だが、3年間のステルスモードを経て、このほどStretchの販売開始に至った。今回の販売は研究者を対象としたもので、購入者はオープンソースのソフトウェアを介してStretchの拡張性を追求できるようだ。

Stretchの販売価格は17950ドル(約190万円)となっている。興味のある方は掃除や洗濯、配膳などの自動化にチャレンジしていただきたい。

Hello Robot
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報