海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise AIで監視カメラの映像を見やすく!ソニービジネスソリューションの「画像鮮明化システム」

Enterprise

AIで監視カメラの映像を見やすく!ソニービジネスソリューションの「画像鮮明化システム」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニービジネスソリューション株式会社(以下、ソニービジネスソリューション)は、「画像鮮明化システム」の提供を開始した。監視カメラなどによる映像の視認性を、リアルタイムに向上させるシステムとなっている。

独自のAI技術でリアルタイム解析

今回の「画像鮮明化システム」では、監視カメラや情報カメラなどの映像内の特徴を、独自AI技術で自動的にリアルタイム解析する。そして、最適な画像処理を行うことで映像の視認性を向上させる。

霧や暗所といったさまざまな環境で撮影された映像に対して、それぞれの環境に合わせた特別な調整をしなくても、自動的かつ適応的に処理を行える。また、たとえば逆光下での撮影など、画面内に暗い部分と明るい部分が同時に存在する場合でも、映像内の領域ごとに最適な処理が可能だという。

筐体はコンパクトで、カメラやレコーダーとHDMI接続するだけで利用できる。そのため、既存の設備を生かしながら簡単に設置可能だ。

4KとHD解像度に対応していることもセールスポイントのひとつ。前面にディップスイッチを搭載しており、解像度の切り替えや、画像鮮明化処理のオン・オフ切り替えに対応する。また、ロータリースイッチにより、画像鮮明化処理の強度を4段階で調節することもできる。

幅広いシーンでの活用を想定

「画像鮮明化システム」の提供方法として、ソニービジネスソリューションが、株式会社ジーニック製の映像入出力ユニット「SY-410Z」に画像鮮明化プログラムを搭載した上で販売を行う。市場推定価格は94万円前後。

具体的な活用シーンとしては、鮮明な映像が求められる放送局の情報カメラや工場内の監視カメラ、あるいは社会インフラ企業による河川や港湾の監視などを想定しているとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報