海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ロボットの遠隔操作による接客!分身ロボ「OriHime」がモスバーガー大崎店に導入へ

Tech

ロボットの遠隔操作による接客!分身ロボ「OriHime」がモスバーガー大崎店に導入へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オリィ研究所(以下、オリィ研究所)は、モスバーガーを運営する株式会社モスフードサービス(以下、モスフードサービス)と共同で、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を用いた「ゆっくりレジ」の実験導入を発表。今月下旬からおよそ1カ月間、モスバーガー大崎店に導入する。

実験導入の概要

モスバーガー大崎店のゆっくりレジに、遠隔操作型の分身ロボットであるOriHimeを設置。難病などによって外出困難な「パイロット」が、遠隔地から同ロボットを操作して接客を行う。

ゆっくりレジでは、OriHimeと相談してメニューが選べる注文方式を採用。子どもがいる家族やシニアなど、時間をかけて注文内容を決めたい利用客への対応を想定している。OriHimeが利用客と話をしながら、それぞれの希望に応じたメニューを案内するとのことだ。

実験期間は今月27日~今年8月下旬を予定しており、期間内の平日14~18時が実験の時間帯となる。

2社がタッグを組んだ背景とは

オリィ研究所は、OriHimeや「OriHime-D」などの遠隔操作型ロボットを開発し、提供してきた。また、遠隔地にいる人がロボットを通じて接客を行う「分身ロボットカフェ」を期間限定で開催するなど、ロボットを用いた新しい働き方の実証実験を進めている。

今回は、モスフードサービスがその取り組みに共感し、ゆっくりレジの導入につながった。同社はダイバーシティ社会を推進し、顧客と従業員の両方が笑顔になる店舗づくりを目指している。

どのハンバーガーを頼もうか迷ったときでも、OriHimeと話をしながら決めればメニュー選びが楽しくなりそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報