海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up AirPodsサイズのUSB-Cチャージャー「Mopoint」は3ポート搭載、最大出力65W!

Start Up

AirPodsサイズのUSB-Cチャージャー「Mopoint」は3ポート搭載、最大出力65W!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代の半導体と近年注目されている窒化ガリウム(GaN)のおかげで、チャージャーの小型化が目覚ましい。このほど米国のスタートアップが開発した「Mopoint」もその1つ。

AirPodsケースほどのサイズながら3ポートを搭載し、かつ最大出力は65WとラップトップPCの充電にも活用できる。

プラグも内蔵

チャージャーは重くてかさばる、というのは昔のこと。最近はずいぶんスリム化され、また複数のポートを搭載するのも珍しくなくなった。その立役者が新素材のGaN。電力の変換効率がいいのが特徴だ。

MopointもGaNを採用し、かなりコンパクト化されている。面積でいうと、クレジットカードの半分ほど。正確には53ミリ四方で、厚みが30ミリある。

この厚みのある部分にコンセントにさすプラグがビルトインされ、プラグと反対の側にポートを搭載している。

PD 3.0に対応

ポートはUSB-Cが2つ、USB-Aが1つの計3つ。USB-Cの方はPD 3.0に対応し、最大出力は65W。これだけあるとスマホの急速充電に対応するのはもちろん、タブレットやラップトップPCもつなぐことができる。

USB-Aの方も最大出力36 Wと十分。USB-CにラップトップPC1台をつないで65Wで充電したり、ラップトップPCとタブレットを同時に各30W出力で充電したりとさまざまな組み合わせが可能だ。

同時にデバイス3台をつなげられるので、コンセントが1つしかないような状況ではかなり重宝する。出張などのとき、各デバイスのチャージャーをMopointに集約することで荷物を減らせるのもメリットだ。

重さわずか114グラムと携帯するのにうってつけのMopointは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開している。すでに目標額は達成し、記事執筆時点の出資額は29ドル(約3100円)〜となっている。

8月7日まで出資を受け付け、すぐに発送が始まる見込みだ。

Mopoint/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報