海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 物流業界の配車を最適化! 新サービス「着タイム」とは?

Tech

物流業界の配車を最適化! 新サービス「着タイム」とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
あらゆる移動体のセンサーデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブと、物流業界のさまざまな業務を最適化するソリューションを提供する株式会社モノフルは、運搬車両の遅延をリアルタイムで可視化・通知する新サービス「着タイム」を共同開発した。

同サービスとスマートドライブの「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」を連携させることで、物流業界向け配車最適化ソリューションとして提供することが可能となる。

物流最適化ソリューションを形作る新サービス

「着タイム」は、リアルタイムな車両位置から到着予定時刻を予測し、配車計画に対する遅延情報と到着予定時刻を担当者に自動で通知するサービスだ。これにより、ドライバーと運送会社、荷受け側の間での「遅れます」という電話連絡の必要がなくなり、荷受け側の時間の有効活用や運行計画の適宜変更によるスムーズな輸送の実現が期待できる。

また、同サービスをスマートドライブが提供する「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」と連携させることで、配車計画から動態管理・遅延通知、実績管理に配車最適化までワンストップで実行できるロジスティクス最適化ソリューションとして機能するとのことだ。

既存サービスとの連携がカギ

先述した「SmartDrive Fleet」は、リアルタイムGPS管理機能で車両の管理や稼働率の分析を行い、最適な配送指示や迅速なサービス提供を可能にする。また、走行履歴と日報機能により長時間労働などを可視化したり、特許を取得した安全運転診断機能で運転のクセを可視化したり、危険運転を自動検知し管理者に通知したりと、ドライバーの安全確保にも一役買うサービスだ。

ちなみに「SmartDrive Fleet」は、TOYO TIRES、ダイドードリンコ、新日本海フェリーなど多くの企業に導入されている。

一方「Mobility Data Analytics」は、センサーデバイスなどから取得できるデータをさまざまなモビリティサービス利活用する「Mobility Data Platform」上で、モビリティデータサイエンティストのデータ分析からインサイトを導き出し、ビジネスの新たな可能性を模索するサービス。

これら既存のサービスと「着タイム」を組み合わせることで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行えるソリューションの提供が可能となった。

モノフルは、パートナー企業との協業や、さまざまなソリューションの組み合わせによるロジスティクス・エコシステムを推進中。「SmartDrive Fleet」と連携したトラック受付・予約サービス「トラック簿」や短期スタッフ調達管理サービス「適材ナビ」、配車支援サービス「配車プラス」を提供している。

両社は今後も、お互いの技術やノウハウを活かし、ロジスティック・ソリューションの提供に努めていくとのことだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報