海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech まるで自分専用レジ! 「スマートショッピングカート」、アルク到津店に試験導入

Tech

まるで自分専用レジ! 「スマートショッピングカート」、アルク到津店に試験導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社トライアルホールディングス傘下の株式会社Retail AIが開発した「スマートショッピングカート」が、株式会社リテールパートナーズ傘下の株式会社丸久が運営するスーパーマーケット「アルク到津店」に納入され、7⽉9⽇より運用実証実験を開始するようだ。

なお、「スマートショッピングカート」は、すでにトライアルグループが運営する20店舗で合計約2,500台が稼働しているが、他企業への納⼊は初となる。

この初の試みは、トライアルグループ会⻑の永⽥久男氏とリテールパートナーズ社長 ⽥中康男氏の会談での合意により実現したとのこと。

カートがセルフレジに変わる

「スマートショッピングカート」は、キャッシュレス決済機能付きタブレットを搭載した買い物カートだ。お客が商品のバーコードをスキャンしながら買い物をすることで、有人レジや既存のセルフレジを通さず決済が可能となる。

トライアル店舗では、決済にはトライアル専⽤のプリペイドカードを使用していたが、丸久での決済にはマルカカードを利用するとのこと。ちなみに、丸久における同カートの呼称は「レジカートシステム」となるようだ。

同カートの導入は、店員とお客の接触機会削減や、店員が商品に触れる機会やお客が現金に触れる機会をなくすという効果が期待でき、非対面・非接触での買い物体験が実現できるという。また、タブレット端末にクーポンやレコメンドを表示することで、売上や顧客体験の向上も見込まれる。

このたび、同カート40台が福岡県北九州市の「アルク到津店」へ納入されることが決まり、7⽉9⽇から3ヶ⽉間の実証実験を経て、トライアルグループと丸久で運⽤改善を⾏う見通しだ。

リテール業界に広がるスマート化

トライアルはこれまで、九州を中心に「スマートショッピングカート」を導入したスマートストア「スーパーセンタートライアル」を展開してきた。

2018年2月には、パナソニックおよびRemmoとともに「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」をオープン。同カートのほか、商品動向を分析できるスマートカメラやお客の動きを分析できるVieurekaプラットフォームを使ったスマートカメラを設置し、商品陳列の改善や欠品の防止などに務め、顧客体験向上を図っている。

また、2019年11月にトライアルを含む参画企業6社と、流通小売業界におけるリテールAI文化の推進を目的とした「リテールAIプラットフォームプロジェクト『リアイル』」を発足

その活動の一環として、2019年11月に「田川店」を、2020年2月には「東篠崎店」をリニューアルオープンし、同カートやリテールAIカメラ、サイネージ、電子棚札などを実装したスマートストアへと生まれ変わらせた。

さらに、直近では2020年7月3日に関東初のスマートストアとして「長沼店」をリニューアル。プロジェクト「リアイル」の旗艦店として位置づけ、「リアイル」参画企業各社が同店舗を中心にリテールAIを活用したさまざまな取り組みを展開していくと発表したばかりだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報